ドンドコのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 結婚相手に求めるよりも自分を改める必要は?

<<   作成日時 : 2009/12/05 17:08  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、知人から聞いた話ですが、その知人の友人が失恋をしたそうです。

知人も失恋をした男性に同情して、「他にもいい娘がたくさんいるから、クヨクヨするなよ」と、お約束のセリフを言ったそうです。
その失恋をした男性曰く「やっぱり女はルックスと金を選ぶんだなぁ〜」としょぼくれて言ったそうです。

私はこの話を聞いて少々違和感を覚えました。
この失恋男性は、ルックスは中の中で経済的にも特にカもなく付加もなくの普通のサラリーマンで、反対にお目当ての彼女を勝ち取った(?)相手は、ルックスは中の上で失恋男性よりもカッコよく、実家に少々資産があるようです。
でも、相手の男性を選んだ彼女が、本当にルックスと財産で選んだかどうかは疑問を覚えました。
確かに失恋した影響もあるとは思いますが、「やっぱり女はルックスと金を選ぶんだなぁ〜」との言葉は、何故自分を選ばなかったのかを冷静に考えた上での言葉ではなく、相手の男性に自分が劣っているとコンプレックスを持っている点が口を付いて出たからです。
何だか「人間としては負けていない」と虚勢を張っているばかりで、むしろそんな相手男性を選んだ彼女が如何にも打算的で計算高い嫌な人間と言わんばかりの言葉に聞こえたからです。

これから先、もしその女性より綺麗な相手が現われても、それだけでは自分は絶対心が動かないとでも言うのでしょうか。
普段から「かわいい娘(男性)と付き合いたい」なんて思ったことはないのでしょうか。
みんな一度は考えたはずです。

結婚相手を探す場合に、確かにルックスがよくてお金持ちは魅力でお付き合いの候補には違いありませんが、だからと言って普通の人がお付き合いの対象にならないと合うものでもないと思います。
要は、相手の心を射止めるだけのルックスやお金以外の魅力が足りなかったでけのことと思います。
男女ともに最後は相手のことを、条件以外の要素でも受け入れられるかと言う事のように思えます。

この失恋した男性も、相手と自分を比較する前に、自分がお付き合いしている相手にどのような存在なのかを考えるべきでしょう。
次の新しい恋が始まっても、一歩前に進んでいなければ、また虚勢ばかりを張って、お付き合いの相手からも信頼感は得られないように思います。
結婚相手を探すネット
こういったところで相手を探してみてはいかがですか。
でもその前に、後ろ向きの気持ちと性格はあらためてね。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結婚相手に求めるよりも自分を改める必要は? ドンドコのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる